俺のロレックス

この盆休み。

ついに俺のリスペクトする男に会った。

ホームページ制作の合間にネット配信をしている男だ。

彼と俺はそのネット配信で出会った。

話が盛り上がったついでに飯でも、みたいな。

いままでさんざん酒行こうとか言ってたのに、ついに1年もたった。

彼の家と俺のアパートとは歩いて30分位の距離しかないのに、

社会人ってお互い出不精だったりとか、なんかこう、

色々あれしたりすると、なかなかご飯とか行く合間とかないよね。

 

鶴橋には俺がいつも行く、味付けのセンスが抜群の居酒屋がある。

とうもろこしと枝豆のかき揚げとか、ミョウガの天ぷらとか、

季節のものをその場でライブ感覚たっぷりに料理してくれる。

俺のからっぽの味覚にささやかな四季を連れてきてくれて、

日本でしか味わえない幸せを繊細に彩る。

次の給料日はまた正義の味方に行くんだ!!

でも、その日は彼が勧める焼鳥屋に行った。

いつも自分が行ってる店より、彼が何を食べて幸せを感じるか、

そう、彼がどんな人か知っておきたかったからだ!!

もちろんその日は彼が上座で俺が下座だ。

いつだって学ぶ側は下座に座る事になってる。

なんかそんな気がする。

 

席に着くと俺は自慢のロレックスを見せびらかしてやった。

韓国製のロレックスだ。

一目見るなり、そんなもんつけるなと俺を一喝した。

パチモンなんか身に着けるなと。

仮に本物でも、そんなところに金を使うなと。

 

ロレックスはニセモノだが、その日食べたつくね5種盛は最高においしかった。

ねっとりと舌に絡みつくつくねの香りと辛味のある焼酎が

あっという間に俺を幸せへといざなってしまった。

もう、言う事は何もない。

いろいろ食べて最後に1番うまいのはたくわんだ。

その主張すら一致してしまい、もう、俺には何も残されていないんだ。

たかやんに完敗だ…‼

食べ物のセンスが高い男からは学ぶものが多い。

 

そうそう、俺のロレックスがどうなったって?

もちろん今でも付けてる。

「うなぎの時間」から逆算する

今日は心斎橋でうなぎを食べてきた。

俺の目当ては塩焼きのうなぎだ。

いままで俺はたれで焼いたうなぎしか食べたことがなかったから

クールな装いをしつつも、俺のテンションはMAXだ。

誰にもバレないように必死だったから普段通り席についたが

実はそわそわしすぎていた。

案内された席は店の1番奥。

上座だ。

そう、俺はこの空間を司るボスになったのだ…

注文がきてから捌くというこだわりのうなぎは

ふわふわして、香ばしいうなぎが鼻腔をくすぐり

新しい味覚の扉を開かれた俺の気持ちは極彩色に染上げられ、

夏の森林浴で森に吸い込まれた時のような錯覚に落ちてしまったのだ。

現世の汚れを浄化しきった後に店員さんがうなぎを見せてくれた。

三重産は長良川産のうなぎは凛々しく透き通った光沢を放つうなぎは触れると生命の鼓動を感じ、俺の寿命が3年延びた。

さわりすぎてはいけないと思い、

ほどほどのところでうなぎはかたずけてもらった。

ぬめりを取ってはいけない。

うなぎが死んでしまう。

何故かそう感じたからだ。

f:id:takuyahasegawa:20170821011418j:plain

ところで俺のデスクトップの背景は緑色だ。

なぜかって?

目に良さそうだからだ。

木くずを集めて、毎日、見る

 

 

余りにも大きな問題に対して、個人の力は無力だと感じました。

言葉の本質は想像以上に深く、また、

言葉の意味を尊ぶことが、

何よりも大切なことだと学びました。

 

 

こうして、思考は現実になる

こうして、思考は現実になる

 

 

 

まんがで納得 ナポレオン・ヒル 思考は現実化する
 

 

・実現したい願望を「具体的に」させる

・そのために差し出せる「代償を」決める

・願望をかなえる「期限」を決める

・願望実現の為の詳細な「計画」を立て、すぐに行動に移る

・「具体的願望」「代償」「期限」「計画」の4点を紙に書く

・紙に書いた文章を毎日、朝晩に読み上げる

 

現実を変える力を使い続けて、僕は、大きな転機を迎えつつあります‼

みずみずしい人生、弾けるような

 

中原中也詩集 (新潮文庫)

中原中也詩集 (新潮文庫)

 

 

 

 

何年ぶりかに、中原中也の在りし日の歌を読み返しました。

 

1篇だけ、今でも時々、「北の海」という詩は思い出します。

 

海に居るのは人魚じゃありません

あれは、波ばかり

海に居るのは人魚じゃありません

あれは、波ばかり

 

この一節を永遠と繰り返してる詩だと記憶していましたが、

2連目に生きる事を苦しみ続ける中也が描かれていました。

中也の詩を創る動機は情念というか、怨念というか、

果てない悲しみが核になっていますが、

この詩も喜びの無い、苦しみばかりの中也の内面世界が描かれています。

30歳で世を去った中也の、

短い人生を刻み続けた苦しみが強く印象に残っているので、

今でも時々北陸の岩場で、

この詩を歌った中也の情景を思い浮かべることがあります。

 

 

中原中也詩集 [新潮CD]

中原中也詩集 [新潮CD]

 

 

金属のような光沢をもった月

 嘔吐。

青年が部屋で三日三晩思索した結果、

人生に意味はない、そう確信した。

しかし、人生には意味はない、という意味を見つけ、

人生は意味から逃れられないと気づき、

青年は嘔吐した。

 

 

嘔吐

嘔吐

 

 

 

断片的なエピソードと、

そこで見つけた孤独の正体、

小石に見つけた存在の意味。

 

人生には意味はない。そうやってはっきりと言われた本だった。

 

 

人間はまず存在し、自分と世界をつくる。

人間は自分がつくるもの以外のなにものでもない。

人間は実存するがゆえに未来に対して主体的に投企する存在であり、この世界に対し責任を持たないといけない。

 

ただここに在る存在として生きていこうか、

とか、自由、に生きる事を強制されている、という感覚が襲ってきた。

 

嘔吐 新訳

嘔吐 新訳

 

 

 

 

実存主義とは何か

実存主義とは何か

 

 

 

鳴門の後悔は海より深い

 

ハタダ栗タルト 個包装 (8個入り)  357
 

 



f:id:takuyahasegawa:20170125001329j:image
あわしま堂のうずまきタルト、ふんわりゆずの香りがして、美味しい‼

美味しいよ❗

スーパーで見かけたらうっかり買っちゃうな~

冷凍室より愛を込めて

 

 


f:id:takuyahasegawa:20170124000641j:image

今、僕の1番のおすすめです‼

バニラの薄さといい、サクサク具合といい、ちょうどよすぎる‼